近衛家実

読みコノエイエザネ

近衞 家実(このえ いえざね)は、鎌倉時代前期の公卿。関白・近衛基通の一男。官位は従一位・関白、太政大臣、准三后。近衛家3代当主。晩年六条猪隈小路に猪隈殿を構えたことに因み、猪隈関白(いのくま かんぱく)と呼ばれた。

[ ウィキペディアで続きを見る... ]
◆「近衛家実」と同じカテゴリ
◆「近衛家実」の外部リンク